最良の日取りを決める、結婚式日和NAVI - TOP

おすすめの日取り情報

  • 昔からの定番、縁起の良い大安・友引 昔からの定番、縁起の良い大安・友引 結婚式のいい日取りとして伝統的に大安が選ばれます。また、大安に準ずる日取りとして友引も選ばれるようです。
    大安は暦注のひとつである六輝(六曜ともいう)のうちのひとつで、終日、大いに安しという吉日です。また、友引は、昼以外の午前と午後から夕方にかけてが吉とされるため、大安に準じたいい日柄として認知されています。
  • 和装結婚式におすすめの時期 和装結婚式におすすめの時期 最近人気の高い和装結婚式を執り行う季節ですが、断然、秋と春が人気です。
    特に秋は、気候も穏やかで紅葉が映える季節で、和装婚にはおすすめの時期です。
    実際に神社で挙式を執り行う新郎新婦も増えていて、神社では白無垢の花嫁に紋付袴の新郎が花嫁行列をする光景をしばしば見られるのも秋です。
    季節的に和服でも暑くはない季節ですし、まわりの落ち着いた雰囲気が結婚式をより荘厳なものに仕立てていきます。
in-theme-title

ベストな日取りは人それぞれ、自分に合った日取りを探す!

結婚式の日取りを決めるときには、様々な要因を考慮していきますが、古くから日柄のいい大安や友引が選ばれる傾向にあり、季節としても春と秋の人気が高いようです。 でも、日柄や季節にこだわらないのであれば、お得に結婚式を挙げることが可能なのも事実です。 結婚式の日取りを決める際に、何を重視して、どういう結婚式の実現を目指していくのか?自分にあった結婚式の日取りを探すためのお手伝いをいたします。

結婚式をあげる上で人気な時期

結婚式をあげる上で人気な時期

結婚式を挙げることを考えたとき、まず日取りを考えるでしょう。伝統的にいいお日柄というのは六輝でいう大安で、まず暦を見て、その日を検討する人が多いようです。
それとは別に結婚式を挙げる季節を考えるならば、四季の明確な日本では、春と秋が断然の人気です。それに加えて近年では、ジューンブライドとして6月の人気も高まってきています。
どのような人たちを招待して、どのような結婚式を挙げるかによって、結婚の準備や演出が変わってくることもありますが、人気のお日柄と季節はまず最初に考えることのようです。 結婚式をあげる上で人気な時期の詳細を見る

お得に結婚式をあげられる時期

お得に結婚式をあげられる時期

結婚式は若い新郎新婦の門出のセレモニーですから、縁起のいい日を選んだり、いい季節を選んで実施する人が多いです。
縁起のいい日として大安や友引を選んで結婚式を執り行うのですが、その日取りに特にこだわりがないのならば、お得に結婚式をあげることができます。
たとえば仏滅を気にしないのであれば、結婚式場によっては仏滅割引等のお得なプランを用意している場合があって、通常よりも低予算で結婚式を行うことができますし、季節ならば、オフシーズンの夏や冬を選ぶとお得に結婚式が挙げられます。 お得に結婚式をあげられる時期の詳細を見る

避けてほしい時期・時間帯

避けてほしい時期・時間帯

結婚式の日取りを決める際は、いろいろな要因が考慮されなければいけません。
縁起を気にする人は、暦で吉日を確認するでしょうし、予算を重視する人は、暦を気にせず、人気のある時期を避けることでしょう。
でも、結婚式を挙げる当事者だけの都合ばかり、優先すると、招待を受けた人から不満が出かねません。
そういった意味で、自分たちの都合だけではなく、周りの人たちのことも十分に考えて、結婚式の開催時期や時間帯を検討する必要があります。 避けてほしい時期・時間帯の詳細を見る

結婚式スタイルとお勧め時期

結婚式スタイルとお勧め時期

結婚式の典型的なスタイルとして和服を着て神殿で行う和装結婚式とウェディングドレスを着てチャペルで行う洋装結婚式があります。
和装結婚式は春と秋がおすすめ時期ですし、洋装結婚式は春、秋に加えて、夏のナイトウェディングなどにも適しています。
ここでは、最近人気の高い和装結婚式と洋装結婚式の派生形でハネムーンやリゾートレジャーも兼ねるビーチウェディングのおすすめ時期についてご紹介しながら、具体的な実現の手順を見ていきましょう。 結婚式スタイルとお勧め時期の詳細を見る